楽天ペイ

飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

  • コンスタンシアグレン Wildehurst

南アフリカワイン発祥の地

コンスタンシア グレン Constantia Glen

[ コンスタンシア地区 ]

[ 設立年度 ] 2000年

南アフリカで最初にブドウ栽培が始まった(1685年)コンスタンシア地区にある。「グレン」とは、「谷」を意味する。冷たい大西洋に囲まれ冷涼で、比較的降水量も多い。冷涼コンスタンシア地区のボルドー品種を使った優等生的な生産者。冷涼気候によりブドウはゆっくりと成長。一粒ずつの厳選なブドウ選果とポンプを使わないグラヴィティ・システムを採用。白も赤もフレッシュで豊かな酸味、しっかりした骨格とボディ、洗練されたエレガントで美しいワインを生み出している。同社ワインのキーワードは、「エレガンス、フィネス(洗練された)、バランス、コンプレックス(複雑味)」。
コンスタンシア・グレンは、コンスタンシア地区の中でも収穫が一番遅く、周辺の生産者より10日間程遅い。それだけブドウのハンギングタイムが長い=凝縮した上質なブドウを収穫できるのは大きなアドバンテージ。

また、コンスタンシア・グレンのある場所は、北のテーブルマウンテンと南のコンスタンシア山脈の間に挟まれたコンスタンシア・ネック(首)と呼ばれる少し凹んだ所にあります。それにより、2-4月にかけての夏の夕方の西側からの日差しが、周辺地域の生産者より1時間長く照らすため(日没が1時間遅い)に暖かい斜面も持っており、冷涼気候で白ブドウが盛んな地域にありながら、ボルドー赤品種も沢山植えられている。畑の斜面は、北から東を向いている。土壌は花崗岩と砂岩で、ワインにミネラルを与えている。また、その土壌の下には、粘土が広がり、土壌の水分も維持している。畑では、エコロジーを意識し、自然な農法を実施している。畑の標高は130-270m。年間の平均気温は16度。敷地は60haで、ブドウ畑は29ha。年間生産量は10万本。


ボトルの肩の部分の「CONSTANTIA」というロゴは、地域の共通のロゴで「コンスタンシアのワイン」=「冷涼でエレガントなワイン」を一緒にアピールしている。

  • コンスタンシアグレン

並び順を変更 » 
  • コンスタンシア グレン ソーヴィニヨンブラン

    2,600円(税抜)

    このワインに使われるブドウは、ベストなブロックのものを使用。早朝の涼しい時間に収穫。ブドウはプレス後、ステンレスタンクで発酵、5ヵ月熟成。2%セミヨンをブレンドすることで、シャープな酸を抑え、少しまろやかにしている。

  • コンスタンシア グレン ツー

    3,500円(税抜)

    ハーブ、グレープフルーツ、ライム、白い花などの控え目でエレガントな香り。美しく豊かな酸味、凝縮し深みのある果実味、石のニュアンスのミネラル、程良くしっかりしたボディ、ほんのりとクリーミーで抑制されたエレガントなワイン。

  • コンスタンシア グレン スリー

    3,500円(税抜)

    バランスのとれた美しいワイン。コストパフォーマンスに優れ、ボルドー右岸系のブレンドの替わりとして提案できる。今でも楽しめるが、熟成しても楽しめるタイプなので、是非セラーに入れて欲しい。

  • コンスタンシア・グレン・ファイブ

    4,800円(税抜)

    「これぞ、フラッグシップ」と言わんばかりの威風堂々とした存在感を漂わせている。タンニンはしっかりしていても、あくまでも細やかでスムーズ、丸みを帯びた骨格は、エレガントで綺麗なコンスンシアらしさを表現している。

取り扱いワイナリー

ページの先頭へ