楽天ペイ

飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

facebook

ジュリアンスカール・ボーンオブファイヤー・シラー

※商品画像のヴィンテージと実際のヴィンテージが違う場合がございます。

オーガニックワイン。熟したブラックベリーやブラックチェリー、濃厚なプラム、ダークチョコレート、スパイス、ドライハーブ、湿った土など複雑な香り。フレッシュで活き活きとした酸、しっかり感じる渋み、果実味はやや濃厚で肉厚。複雑味と多層な構造、ボディは比較的しっかりしている。

販売価格 /3,300円(税込3,630円)

購入数
up down

Julien Schaal Born of Fire Syrah

生産者[ジュリアンスカール]
原産国/地域南アフリカ/[ケープコースト]
タイプ[赤][フルボディ]
主要品種[シラー]
アルコール度数13.5%未満
容量/キャップ750ml/コルク
ヴィンテージ2021
JAN3760132890548
特徴オーガニック認証ワイン
受賞/評価-新商品-
畑は海岸から40勸米發両貊蠅砲覆衫篶辰壁が吹く。土壌は粘土と頁岩。早朝の涼しい時間に収穫。2週間の自然発酵の後、300Lのオーク樽で熟成12ヵ月。熟したブラックベリーやブラックチェリー、濃厚なプラム、ダークチョコレート、スパイス、ドライハーブ、湿った土など複雑な香り。フレッシュで活き活きとした酸、しっかり感じる渋み、果実味はやや濃厚で肉厚。複雑味と多層な構造、ボディは比較的しっかりしている。まだ若く、フレッシュ&フルーティなピュアな果実の風味が豊かで、なめらかシルキーな口あたり。長い余韻と張りのあるフィニッシュ。赤身の牛肉、ローストビーフ、羊肉、鶏肉、鴨肉、ベーコン、ジビエ、シャルキュトリー、キノコ、スパイシーフード、カマンベールチーズなど幅広く。

「ボーンオブファイヤー」は、ジュリアン・スカールとその奥さんソフィが立ち上げた新しいブランド


私たちはオーガニック認証のブドウを使ってワインを作りたいと強く思っていました。ボーン・オブ・ファイアーのブドウ畑は、スワートランドのヴォール・パーダバーグにあります。これまでのエルギンやウォーカーベイの冷涼な気候とは全く異なり、シュナン・ブランやシラーとの相性が非常に良いのです。今後はジュリアン・スカール・シリーズは、冷涼な気候のシャルドネやピノノワールのみで、ボーンオブファイヤー・シリーズは、シラーズとシュナンブランのオーガニック・ブドウを使用した「スワートランド」ワインを造っていきます。

名前について:ケープ植物王国は、南アフリカ特有の何千もの植物種の故郷であり、植生はフィンボス(ケープ語で「細かい茂み」)で構成されています。プロテアなど多くのフィンボス植物が種子を放ち、活性化するためには火が必要です。火によって新しい花が育ち、増殖と生存が保証されるのです。私達は、この地方の自然を守り、リスペクトすることが大切であるというジュリアンの想いで名付けました。このワインの目指すところは、高品質で、価格価値があり、土壌や気候、テロワールを表現したワインを造ることです。

オーガニックについて : ボーン・オブ・ファイアのオーガニックワインは、人工的な化学肥料、農薬、除草剤の使用を排除した有機農業の原則に従って造られています。その目的は、高品質のワインを生産し、テロワールの表現を大切にすることであり、土壌、気候、植物間のポジティブな相互作用を促進することです。

ワイナリー

ジュリアンスカール

フランス アルザスグランクリュの作り手が南アフリカの冷涼気候のテロワールを表現

フランス・アルザスのグランクリュ・ワインメーカーのジュリアン・スカールは、2003年に南アフリカ・ウォーカーベイ地区のブシャル・フィンレーソンの収穫を手伝いに来た際、南アフリカの冷涼地区、特にエルギン、オーバーバーグ、ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アード地区のシャルドネのポテンシャルに衝撃を受けた。

> ジュリアンスカール

ジュリアンスカール

取り扱いワイナリー

ページの先頭へ