楽天ペイ

飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

ブーケンハーツクルーフ・ステレンボッシュ・カベルネ 2017

※商品画像のヴィンテージと実際のヴィンテージが違う場合がございます。

カシス、ブラックチェリー、黒系果実、鉛筆の芯、ハーブ、スパイスなどの香り。フレッシュで心地良い酸味、凝縮し豊かな果実味。

販売価格 / 8,000 円(税抜)

購入数
up down

Boekenhoutskloof Stellenbosch Cabernet Sauvignon

生産者[ブーケンハーツ・クルーフ]
原産国/地域南アフリカ/[ステレンボッシュ]
タイプ[赤][フルボディ]
主要品種[カベルネソーヴィニヨン]94%・[カベルネフラン]6%
アルコール度数15%未満
容量750ml
ヴィンテージ2017
JAN6002039010993
受賞/評価[Tim Atkin Report 2019’] 2017VT:94 Point
[Tim Atkin Report 2018’] 2016VT:93 Point
[Platter SA 2020’] 2017VT:4.5 STAR
畑はステレンボシュ、ヘルダーバーグ地区の北西向き斜面。土壌は花崗岩、砂岩、コーヒークリップ(鉄分の多い花崗岩で赤ワインにミネラルとエレガンスを与える)。17年は乾燥し、暖かい年で、ブドウの生育は小さく、その分ブドウの風味は凝縮している。収穫後は、ステンレスタンクで発酵、パンプオーバー、225Lのフレンチオークに移し、マロラクティック発酵を経て18ヶ月熟成(新樽60%)。カシス、ブラックチェリー、黒系果実、鉛筆の芯、ハーブ、スパイスなどの香り。フレッシュで心地良い酸味、凝縮し豊かな果実味。渋みは細やかで洗練されているがしっかりと感じる。スッキリとタイトでフォーカスされたボディ、なめらかでシルキー。余韻は長く、フィニッシュはドライでエレガントにまとまり、ブルーベリーやフレッシュな青葉のような風味を感じる。少量のカベルネフランがアクセントになり、このワインにフレッシュさとエレガントさを加えている。酸味、果実味、ボディのバランスが良く、気持ちの良い非常に美しいカベルネに仕上がっている。

ワイナリー

ブランド名

7つの椅子を作り上げた「ワールドクラス」の生産者

ブーケンハーツクルーフ社は、南アフリカを代表するワイン生産者である。フランシュック地区で最も古く、かつ最も評価の高いワイナリー。ワイナリーの名前の由来は、「ブーケンハーツ」(現地の言葉、アフリカーンス語で「土着のブナの木」を意味する)から来ている。同ワイナリーのトップ・レンジのラベルには、この木で作られたケープ・オランダ様式の7つの椅子の絵が描かれている。

> ブーケンハーツ・クルーフ

ブランド名イメージ

取り扱いワイナリー

ページの先頭へ