飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

  • キャサリンマーシャル Catherine Marshall

ブドウ本来の美味しさとテロワールを表現するアーティスト

キャサリンマーシャル Catherine Marshall [ エルギン地区 ]

[ 設立年度 ] 1996年

冷涼地区エルギンで標高約300mの所に畑を持つ。醸造家キャサリンは、これまで南アフリカ国内のいくつかの優良ワイナリーの下で醸造に携わり、国内外の数多くのメダルを受賞、プラッター(南アフリカワインの評価本の権威。最大5星評価)で5星も獲得してきた。その後、自身のワインを作るために1996年に独立し、エルギンに小さなワイナリーを開いた。

彼女は、これまでの経験と、エルギンの土壌を把握した理論派的な醸造家。また、可能な限りナチュラルなアプローチで醸造する不干渉主義者(ミニマリスト)でもある。モットーは、それぞれの畑や土壌の特徴、ブドウ本来の美味しさをそのままワインに表現するテロワール主義。

【アーティスト キャサリン・マーシャル(写真右)】
自身の名前を付けたキャサリン・マーシャルのワインは、豊かな酸味と華やかな香り、ピュアなブドウの味わい、テロワールを感じさせる個性、それらがバランスが良くエレガントにまとまっているところであろう。口に含むと、彼女らしいピュアでナチュラルなテイストが広がり、回を重ねるごとにキャサリンのワインの魅力にハマっていく。ワインに余計なものを感じない、楽で疲れない、もう一杯欲しくなる魅惑のワイン。

※エルギンは、冷涼地区として知られ、南アフリカワイン産業の中心地、ステレンボシュの隣の地区ですが、平均気温はステレンボシュより5-10度低い

  • キャサリンマーシャル

  • キャサリンマーシャル

  • キャサリンマーシャル

  • キャサリンマーシャル

キャサリンマーシャル
並び順を変更 » 

取り扱いワイナリー

ページの先頭へ