飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

  • ヴィラフォンテ Vilafonte

南ア&米国のコラボ作品=スーパー・プレミアムワイン

ヴィラフォンテ vilafonte [ ステレンボシュ地区 ]

[ 設立年度 ] 1996年

生産地区はパール。42ヘクタールのうち、ブドウ畑は16ヘクタール。ヴィラフォンテは、所有する畑の土壌のタイプの名前から由来している。同社は、南アフリカとアメリカのジョイントベンチャーで、赤のプレミアムワインを2種類醸造している。醸造家には、かつてロバート・モンダヴィやシミ・ワイナリーでも醸造責任者を勤め、デカンター誌の「世界のトップ30醸造家」にも選ばれているアメリカ人女性醸造家ゼルマ・ロング氏(写真中央)を招聘。栽培コンサルタントにオーパスワンの元栽培責任者フィル・フリーズ(写真右)が加わり、南アフリカのワイナリーの中でも最も密集したブドウ栽培を行っている。

一方、南アフリカからは、ステレンボシュの優良生産者、ワーウィック オーナー、ラトクリフ(写真左)がマネジメントを務め、これらのチームで、南アフリカを代表するトップクラスの赤ワインを製造している。

ワインはカベルネソーヴィニヨン主体のシリーズCとマルベック主体のシリーズMの2種類のみで共に世界完全割当の希少ワイン。

  • ヴィラフォンテ

  • 各ボトルは木箱に入った紙包み

  • オーナーのラトクリフ氏(左)ゼルマ・ロング氏(中央)フィル・フリーズ氏(右)

  • ヴィラフォンテ

 vilafonte
並び順を変更 » 

取り扱いワイナリー

ページの先頭へ