飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

  • ジュリアンスカール Julien Schaal

南アフリカに魅了され、シャルドネでテロワールを表現

ジュリアンスカール Julien Schaal [ ボットリバー地区 ]

[ 設立年度 ] 2004年

フランス・アルザスのグランクリュ・ワインメーカーのジュリアン・スカール(下写真右)は、2003年に南アフリカ・ウォーカーベイ地区のブシャル・フィンレーソンの収穫を手伝いに来た際、南アフリカの冷涼地区、特にエルギン、オーバーバーグ、ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アード地区のシャルドネのポテンシャルに衝撃を受けた。
ジュリアンは、地域や土壌、気候の違いによってワインの味わいが変わることに魅了され、そのテロワールの違いを自分のワインで表現してみたいと奮起し、翌年 南アフリカに戻りニュートン・ジョンソンのオーナーを説得。彼の支援を受け、南アフリカでジュリアンの新しいワインを作るプロジェクトがスタートした。

【ジュリアン・スカールの主なブドウ産地】

.┘襯ン:周辺を山に囲まれた盆地で、ケープ地方で最も冷涼な地区。

▲Εーカーベイ:隣接する大西洋の冷たい海風の影響を受けるケープ地方で最も冷涼な気候地区。

ヘメル・アン・アード・ヴァレー:主に頁岩土壌で占められているが、2層の構造になっていて、表面は粘土質と砂利質(鉄分、花崗岩含む)が混ざっている。その下には、保湿性のある粘土質の頁岩で構成されている。この谷は800-1200mの山に囲まれ、それにより、周辺が雲で覆われたり、涼しい海風が運ばれてきたりする。結果として、ブドウのハンギング・タイムが長くなり、凝縮した香りと果実味のブドウが育つ。

ぅーヴァー・バーグ・エランズクルーフ:山に囲まれた盆地で直射日光を遮られる標高600-800mの冷涼畑。

以上4つの畑から造られるシャルドネは生産量も少なく歯がゆいが、2人のアフリカンドリームはまだ始まったばかりである。

  • ソフィ(左)&ジュリアン(右)

  • ジュリアンスカール

  • ジュリアンスカール

  • ジュリアンスカール

ジュリアンスカール
並び順を変更 » 
  • ジュリアンスカール・マウンテンヴィンヤーズ・シャルドネ

    2,850円(税抜)SOLD OUT

    産地:エルギン

    柑橘類、白桃、ヴァニラ、アーモンドなどの香り。フレッシュで柔らかな酸、程良い果実感と、ふくよかなボディ。オークの風味はあまり強くなく、ブドウ本来の味を楽しめるナチュラルなテイスト。全体のバランスも良く、ドライなフィニッシュ。

  • ジュリアンスカール・コンフルエンス・シャルドネ

    3,600円(税抜)SOLD OUT

    産地:アッパー・ヘメル・アン・アード

    ニュートン・ジョンソン社からブドウを購入。レモン、オレンジ、柑橘類、トロピカルフルーツ、ハチミツ、ヴァニラ、アーモンドなどの香り。なめらかで豊かな酸、凝縮した果実感と、硬質なミネラルの要素、ふくよかなで中程度のボディ。

  • ジュリアンスカール・エヴィデンス・シャルドネ

    3,600円(税抜)SOLD OUT

    産地:エルギン

    エルギンで最も樹齢の古いポールクルーバー社のブドウで造ったシャルドネ。柑橘類、ヴァニラ、アーモンドなどの香り。フレッシュで豊かな酸、凝縮した果実感と、ふくよかなで中程度のボディ。

  • ジュリアンスカール・ルネサンス・シャルドネ

    3,600円(税抜)SOLD OUT

    産地:エランズクルーフ(オーヴァーハーグ)

    クリスタルム社を通してブドウを購入。オークの風味はあまり強くなく、ブドウ本来の味を楽しめるナチュラルなテイスト。フレッシュでフルーティ、全体のバランスも良く、エレガントに仕上がっている。

取り扱いワイナリー

ページの先頭へ