飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

ウォータークルーフ・シリアスリークール・サンソー

※商品画像のヴィンテージと実際のヴィンテージが違う場合がございます。

農薬は使用せず、ビオディナミを採用。ビオディナミ製法により、テロワールを表現したワインが出来る。明るく豊かな酸味、古木&ブッシュヴァインからの由来であろう優しく心地良いバランスの渋みが続き、程良くスパイスの風味もある。少しスパイスの風味が効いたピノノワールのような感じのワイン。

販売価格 / 3,200 円(税抜)

購入数
up down

Waterkloof Seriously Cool Cinsault

生産者[ウォータークルーフ]
原産国/地域南アフリカ/[ステレンボッシュ]
タイプ[赤][ミディアムボディ]
主要品種[サンソー]
アルコール度数12.2%未満
容量750ml
ヴィンテージ2016
JAN-
特徴ビオディナミ
受賞/評価[Tim Atkin Report 2016’] 2015VT:92 Point
[Platter SA 2017’] 2015VT:4.5 STAR
例年と比べても冷涼で乾燥した年。その結果多くの地域では水不足の為にブドウの収穫量が減った。幸いウォータークルーフでは、地中の根が6mにも伸びており、地中深くの水分を確保し、厳しい気候に耐えることができた(一般的には、他の生産者の根は1m程度)。畑はステレンボシュ・ヘルダーバーグ地区の海に近い冷涼エリアの涼しい斜面にあり、樹齢40年以上のブッシュヴァイン(株仕立て)。その結果、収量が減り、ブドウは凝縮し、風味も豊かになる。収穫量は4トン/haと、かなりの低収量。収穫後は、木製の発酵樽で全房発酵(天然発酵)。パンチダウンは、1日 2回で、優しく足踏みで行う。その後、ブドウの皮は浸透したまま30日を経て、フルーランジュースとバスケットプレスでソフトに圧搾されたものをブレンドし、2年目と3年目の600Lのフレンチオークでマロラクティック発酵し、11か月熟成。少量のSO2以外何も使用しない不干渉主義な製法。供出温度:14度前後でやや冷やし気味が良い。ブルゴーニュグラスでピノノワールと同じような扱いで出すことにより、よりアロマティックなワインとなる。カシス、スミレ、オレンジ、スパイスなどのアロマティックな香り。明るく豊かな酸味、古木&ブッシュヴァインからの由来であろう優しく心地良いバランスの渋みが続き、程良くスパイスの風味もある。骨格はしっかりとあり、全体をまとめている。余韻も長い。例えて言うなら、少しスパイスの風味が効いたピノノワールのような感じのワイン。熟成ポテンシャル:ヴィンテージ+3-4年。和食、豚角煮、牛肉とゴボウ煮、焼き鳥、鶏料理、ローストビーフなど。

ワイナリー

ウォーター・クルーフ

ビオディナミ、環境循環型農業 "Honest Wine"「誠実なワイン」

ウォータークルーフでは、自分達のワインを「Honest Wine」(誠実なワイン)、つまり、テロワールを誠実(正直)に表現したワインと呼んでいる。ワイン醸造に関しては、不干渉主義のアプローチ。ワインは、様々な6つのレンジを持ち、自社畑のブドウに関しては、完全にビオディナミである。低価格のピーコック・レンジは、周辺の畑からブドウを購入しているので、ビオディナミ農法ではないが醸造に関しては、ビオディナミ製法を採用している。今では、ステレンボシュを代表するビオワイン生産者に成長した。

> ウォーター・クルーフ

ウォーター・クルーフ

取り扱いワイナリー

ページの先頭へ