飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

ジュリアンスカール・コンフルエンス・シャルドネ

※商品画像のヴィンテージと実際のヴィンテージが違う場合がございます。

産地:アッパー・ヘメル・アン・アード

ニュートン・ジョンソン社からブドウを購入。レモン、オレンジ、柑橘類、トロピカルフルーツ、ハチミツ、ヴァニラ、アーモンドなどの香り。なめらかで豊かな酸、凝縮した果実感と、硬質なミネラルの要素、ふくよかなで中程度のボディ。

販売価格 / 3,600 円(税抜)

購入数
up down

Julian Schaal Confluence Chardonnay

生産者[ジュリアンスカール]
原産国/地域南アフリカ/アッパー・ヘメル・アン・アード
タイプ[白][辛口]
主要品種[シャルドネ]
アルコール度数13.0%未満
容量/キャップ750ml/コルク
ヴィンテージ2015
JAN3760132890012
特徴テロワール違いのシャルドネに特化したワイナリー。
受賞/評価[Platter SA 2017’] 2015VT:4.5 STAR
この地区のニュートン・ジョンソン社から厳選された単一畑のブドウを購入しており、ブドウは一日の1番涼しい時間に手摘みで収穫。ソフトプレス後、300Lのオーク樽で長時間かけての発酵、熟成12ヵ月。マロラクティック発酵は無し。出来るだけフレッシュさとミネラル分を残すことに注力している。熟成ポテンシャル:ヴィンテージ+5年。料理:シーフード、甲殻類、鶏肉、豚肉、クリームパスタなど。

レモン、オレンジ、柑橘類、トロピカルフルーツ、ハチミツ、ヴァニラ、アーモンドなどの香り。なめらかで豊かな酸、凝縮した果実感と、硬質なミネラルの要素、ふくよかなで中程度のボディ。なめらかで、ほんのりとクリーミーな味わい。オークの風味はあまり強くなく、ブドウ本来の味を楽しめるナチュラルなテイスト。全体のバランスも良く、エレガントに仕上がっている。長い余韻とリッチなフィニッシュ。

ワイナリー

ジュリアンスカール

南アフリカに魅了され、シャルドネでテロワールを表現

フランス・アルザスのグランクリュ・ワインメーカーのジュリアン・スカールは、2003年に南アフリカ・ウォーカーベイ地区のブシャル・フィンレーソンの収穫を手伝いに来た際、南アフリカの冷涼地区、特にエルギン、オーバーバーグ、ウォーカーベイ、ヘメル・アン・アード地区のシャルドネのポテンシャルに衝撃を受けた。

> ジュリアンスカール

ジュリアンスカール

取り扱いワイナリー

ページの先頭へ